住み替え予定なら知っておきたい「つなぎ融資」ってなんですか?

 

住宅の住み替えを行う際には、現在住んでいる住宅を売って新しく住宅を購入するか、もしくは借りることになります。

 

前の物件がすでに売れていれば、その売却代金を次の住まいの購入資金に充てることができますが、売却前に次の新居を購入する場合は、別途お金が必要になります。

 

そこで、住宅ローンとは別に「つなぎ融資」を利用することになります。

 

つなぎ融資とはどんな方法?

つなぎ融資とは、新しい住まいを購入する際の住宅ローンが始まる前に、別のローンを借り入れる融資のこと。融資によって前の物件の売却代金の相当額を、次の物件の購入資金に充てる方法です。

 

通常、住宅ローンは自宅の完成後に実行されるため、着工から完成までの間に必要な工事費を補うためにつなぎ融資が利用されます。

 

前の物件の売却が完了したタイミングで、借り受けていたつなぎ融資を一括で返済することになります。つまり、「マンションが売れる前までのつなぎに使う融資」ということですね。

 

家を売りに出して、すぐに購入して貰えればまったく問題はありません。しかしほとんどの場合、売りに出してから次の所有者が見つかるまでには一定の時間が必要になります。

 

なかなか買い手が現れず売却期間が長期化し、その間に次の新居を決めてつなぎ融資を利用すれば、家を売りに出しながらスムーズに新居への住み替えができます。

 

 

 

つなぎ融資を利用する際の注意点

つなぎ融資を利用する場合、手続きは比較的ラクに行えます。抵当権の設定など、住宅ローンに存在する面倒な手続きもありません。

 

しかしラクなぶん金利が高めに設定されており、手数料の問題もあるので、つなぎ融資の期間は少しでも短い方が良いとされています。

 

住宅ローンの申請を済ませた後、各金融機関とよく相談をして、建築会社や不動産会社との連携を取りながら進めていきましょう。面倒だからといって融資の期間を延ばすことのないよう注意が必要です。

 

また、つなぎ融資を行っている金融機関の多くは住宅ローンについても自社の商品を利用するよう働きかけてきます。手数料や金利などは金融機関によって違いがあるので、できるだけ安いところを探すのも一つの方法です。

 

住宅の住み替えに際して、ある程度のまとまったお金が用意できれば問題はないのですが、新居への住み替えに際しては土地代金や中間金などいろいろなお金が必要になります。売りに出した中古マンションも、必ずしもスピーディに売れるとは限りません。

 

つなぎ融資を利用することで、新居にスムーズに移りながらも、ゆとりを持って中古住宅の売却を進めることができるのです。