オンライン不動産一括査定のメリットとデメリット

 

中古マンションなど、手持ちの不動産を売却する際には必ず「査定」システムを利用することになります。

 

不動産会社に売却の依頼をすると、必ず持ち家の査定を経て相場が算出され、売り出し価格として定められます。

 

査定は、売り出し価格を決めるだけではなく、売り手側が最適な売値を設定するためにも必要なサービスです。実際にいくつかの不動産会社から査定を受けてみると、会社によって査定額が大きく変動する場合があります。

 

1ヶ所だけに査定を申し込んでしまうと、適切な売値や相場が分からず、会社の意のままに安く買いたたかれてしまう可能性もあるのです。

 

そこで今回オススメしたいのが、オンラインで手軽にできる不動産一括査定サイトです。査定価格に大きな差がつく不動産市場において、一度に複数の相場を把握できる、利便性の高いサービスです。

 

オンライン一括査定のメリット

まず、オンラインという点で非常に手軽に査定が受けられます。一括なので、複数の会社の査定をまとめて受けられるだけでなく、時間の節約にも貢献。同じ条件で不動産会社に査定を出すので、会社による査定額の差や、信頼できる会社かどうかも一目で比較が可能になります。

 

オンライン上でいくつもの不動産会社に査定を申し入れるので、大手企業だけでなく地元密着型の小さな不動産会社との巡り合わせにも期待できます。規模が小さくても地元の不動産事情に精通している会社なら、こちらの希望価格に合わせて売却を進めて貰える可能性があります。

 

たとえば、ありえないほど高額な見積もり額を算出する会社は、契約を取るためだけに見積もりを高く設定している可能性があります。(契約後に「やっぱり高値では売れません」などと言われてしまう可能性も)

 

反対に、少額を提示してくる不動産会社はこちらの希望を聞き入れてくれない可能性があるため、候補からは除外して正解です。

 

オンライン一括査定のデメリット

一括査定をすると、いくつかの会社から査定に関する連絡や営業電話が入る場合があります。そこで執拗にセールスをかけてこられると困ってしまうのですが、営業側の対応によっては、適切な会社かどうかを判定する材料にもなります。

 

売却までにほとんど時間が取れない方の場合、複数の不動産会社からの電話に対応するのは大変です。あまりにもしつこい場合は「他の会社にも査定を申し込んでおります」と伝え、電話をかけてこないように依頼するのが確実です。

 

また、査定結果によっては非常に似通った額が並んでしまい、基準が分かりにくく混乱する場合があります。その際は査定額以外のところで不動産会社を比較・検討する必要があります。

 

中古マンションの査定であれば、中古マンション売却無料査定相談所が便利ですよ。