信頼できる不動産会社を選ぶ3つのポイント!

 

住宅の売却や住み替えの際には、希望に沿って次の物件を探し出し、提案してくれる不動産会社を選ぶことが大切。

 

初めて住み替えを検討される場合は、いくつかの不動産会社を比較しながら、信頼のできる会社を選び出す必要があります。

 

本記事では、不動産会社選びに欠かせない3つのポイントについて紹介したいと思います。

 

@:不動産会社の種類を知る

不動産会社といってもすべて同じではありません。全国に店舗を展開する大手なのか、地元に特化した小さな企業なのかによっても取り扱う物件の数や内容は異なります。

 

住宅を売却したり、いくつかのエリアにまたがって住宅を探す場合は、大規模に店舗を展開する大手企業の方が有利です。

 

逆に、地元中心に家の売買を考えている場合は、小さな企業の方が情報をたくさん持っている可能性があり、地元の大家さんや地域の情報にも精通しています。

 

A:知識の豊富な会社を選ぶ

次に、自宅の売却タイミングや住宅ローンに関する豊富な知識を持つ不動産会社を選びましょう。住宅の売買には多額のお金がかかります。

 

売却したい住まいにまだローンが残っている場合は、不動産会社とよく相談して最適な住み替えのタイミングを決めていかなくてはなりません。

 

しかし不動産会社側に知識が少ないと、よく分からないままに最適なタイミングを逃して住み替えを行うことにもなりかねません。

 

次の住まいを見つけた後のローンについても、不動産会社としっかり相談していかなくてはなりません。営業担当者が資金計画について十分な知識を持っており、最適な提案をしてくれれば、買う側としても安心ですね。

 

また、住み替えの際は、前の持家をいかに迅速に、高額で(あるいは理想的な価格で)売却できるかがポイントです。しかしこの理想を成功させるためには、不動産会社が売却に強みを持っているかどうかが問われます。

 

住宅ローンに関する知識はもちろん、物件の売り時や相場、土地価などをしっかりと把握した会社なら、初めての住み替えでも気負いせず、安心してお任せすることができます。

 

B:要望をきちんとヒアリングしてくれる会社を選ぶ

お客さまの要望を細かくヒアリングし、それに沿った提案を行っている企業こそ、理想の不動産会社と言えます。

 

反対にマッチングがあまり得意ではなく、物件を多数抱えているにも関わらず要望にそぐわない住まいを提案してしまう企業もあります。
住宅といっても戸建てかマンションか、都市部か郊外か、新築か中古かといった明確な違いがあります。住み替えの際は最低限譲れない条件をしっかりと提示し、それに則って住まいを提案してくれる会社を選びましょう。

 

不動産業者選びではこちらの記事が役に立ちます。参考にしてください。

 

知り合いの不動産業者や友人紹介の業者は避けるべき!その理由とは?